21st.GAMBLE
稽古場日記



初夏。
劇団から、良い意味であくの強い2人がいなくなり、
未知数の見習いさんがやってきました。
全力で頑張ってください。

というか、とにかくいろいろ頑張って!




〆切前に台本ができあがりまして。
そう!〆切前です!
最後まできっちり書かれた台本です!

昔は、話の途中で突然爆発が起きて終わる、というのがありました。
それはそれで、その唐突っぷりが面白かったのです。
が。
近年、爆発せずにちゃんと完結した台本がやってきます。
よろこばしい。
作家さんに感服です。


そんなわけで
現在の稽古は台本読みです。



役をいろいろ変えられて読みます。

演出でむさんは今度も悩んでいるようです。
読みを聞きながら、配役とか台本の手入れをしています。
すばらしい。
演出さんに感服です。




新人さんが入りまして、緊張感ただよいそうですが、
そんなにぴりぴりしていないものと感じます。


気が付いたら
チャッターの男手4番目になってしまった「しもくん」
四天王とか呼ばれちゃったりして。
内心うきうきでしょうか。

本家の劇団活動もあるので、
ちょっとしか参加できませんが、大いにらしさを発揮しています。
おもしろい。

そしていつだって自分をなくさない「ひらくん」
知らない言葉だって、ただ読めないでは済まさない。
彼は非凡。たのしい。


ということで、現在の稽古は和やかです。




チラシの制作担当が変わりました。
世代交代です。
新任が苦労しています。
いろんな意味で楽しみにしていてください。
がんばれ4



若い見習いさんが加わりましたが。
熟練の先輩も参加が決まりました。

「もうチャッター入っちゃいなよ」
て言われるくらいのおなじみさん、

鈴木琢磨さんです。

おおいに劇団を沸かしてくれることでしょう。
ご期待をください。



配役も決まっちゃって、立ち稽古です。
ほとんど座ってますが、立ち稽古です。
「うわさの委員会」は
これから始まるあっつい夏の稽古で作ります。



スタッフさんの中で一番最初に来られるのが、美術の田代さん。
台本を読んで、舞台の図面を作ってくれます。
線がたくさんの図面から、劇場でのできあがりの立体に
毎度驚きで感動です。

今度も、想像していたものとは違うかたちの、
意外で、でも納得の舞台図面を作ってくれました。
9月の舞台が楽しみです。



雰囲気は「1歩進んで2歩さがる」
でも、実際さがってはいないので
じわじわじわじわですが、進んでいます。

稽古です。稽古の話です。

1ページ1時間かかった前回。
今回は1ページ30分に縮みました。
順調に進んでいます。


もうすぐ夏です。





台本読みの稽古のときからあったのです。
平田くんのおかしい。

「ここの牢名主みたいなものですから」

「ここのヨウメイシュみたいなものですから」

て言いました。

普段使いませんしね「牢名主」
反射的に言ったんでしょうね「ヨウメイシュ」


あと、立稽古でもあります。
「〜の方(かた)だったかと」

「〜のかたかったかと」

ただ口がまわらないだけですね。
でも何度も言うんです。
次にせりふ言う人もつられるほど。


新人さんがやってきても変わらない。
いつだって平田くんです。



新人さんが、1人また1人基礎演出を受けています。
なつかしいと思っているのか、
自分が言われてるわけではないのに
熱心にメモをとったり、うなづく人がいます。
たいてい演出のとなりでリアクションを起こすので、
とても目立ちます。

がんばりましょう。
初心は忘れちゃいけません。



「下向貴彦」くん。
ただ今「劇団あばば」に出張中です。
頑張ってください。

とはいえ、こちらの稽古も進行中。
しもくんが出ているシーンを後回しにはせず、代役で進行中。

代役は、せりふは台本のとおり言いますが、
勝手に動きます。
しもくんは、自分の出るシーンが来る前に「あばば」に行ったので
思うままに好きに動きます。
しもくんだったらこう動く、なんて考えもしません。
ごめんなさい。

戻ってきたら、しもくんの好きにやってください。





しもくんがお帰りです。
個性大爆発で稽古にのぞんでいます。
ひらくんに負けず劣らず引けをとらず。
次世代を担う下向貴彦です。
どうぞよろしくお願いします。



小野さんは、自分のせりふを人にあげるのが非常にうまい。

ただやみくもにあげるわけではなく、
「こういう流れだったら…」
とか
「この動きをするのなら…」
とか
うん、確かに成り立つ。という説明をします。
なので演出も納得します。

しかし、わりと頻繁にせりふを譲るので、
なんだか自分のせりふを減らそうとしてるんじゃないか、
と疑ってしまいます。

言葉巧みに、みんなを自分のペースにとりこみ、
「せっかく覚えたのになー」
なんて言って人にせりふをあげる。

・・・・・。

いやいやいやそんなことありません。
そのほうがより作品が良くなるからです。
きっとそうです。



わかってはいましたが、しもくんは不器用です。

演出に言われたアドバイス、
おそらく彼以外はみんなわかっていました。
が、しもくんは見事に的をはずします。
でも、懸命に全力で本気で的をはずすので
好感を得られます。

しもくんは、不器用でいい人です。



ときどき稽古中に写真をとります。

「こっち向いていい顔してー。はいチーズ」
より
稽古中の、真剣で、集中してる顔が好きなので
そっと撮影します。

なかでも難しいのは小野さん。
カメラを向けると、親切にカメラ目線をくれる。
ので
「はいチーズ」写真になっちゃう。

あと、小野さんはよく動く。
ので
よくブレる。
ステキにかっこよくとりたいのに
すぐブレる。
誰よりも大きく、そして機敏に動く。
ほらブレる。

ブレるほどに全身全霊全力投球。
そんな小野さんを我々は見習わねばなりません。




初めての通し稽古。

これまで、人がそろわなくて一幕を通すことすらできません。

きのうは冒頭の一部分。
きょうは後半の一部分。
そんな稽古がずっとだったので、
同じシーンの稽古がまためぐってくるのはめずらしい。

そして、いきなりの全編通し。
まだ台本を持ったりもしてますが、なんだか緊張。
なるべく台本見ませんが、わりとあやふやだったり。

もう1ヶ月ないです。
やったこと忘れてる場合じゃありません。
誰かが覚えてる、なんて頼ってる場合じゃありません。
なんとかなる、なんて甘えてる場合じゃありません。

えいえいおーーーーー!



inserted by FC2 system